香りのタブーを知っておいて

14 2月

雑誌などでよく言われていますが、和食やお寿司屋さんに行くときは、香水を控えましょう。
またお見舞いやお葬式のときなど、絶対につけてはいけないという香りはありませんが、できれば華やかな香りではなく白檀など木の香りが配合された、大人っぽく落ち着いた雰囲気の物方が好ましいでしょう。
そして、トップノートではなく、ベースノートの状態で、その場に行けばなおいいでしょう。
つけて3時間以上が目安です。
最初からつけすぎないように気をつけていれば、いつでもお気に入りの香りと一緒にいても大丈夫です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。