香水のつけ方

17 2月

香水は、アルコールが蒸発することで香りを出すので、体温が高くて脈打つ場所につけるのが一般的です。
例えば、ひじの内側は皮膚温が高く動きがあるので、効率よく揮発して香りが出ます。
同じ静脈でも手首は衣服や物に触ることが多いので、意外に早く香りが消えてしまいます。
香りの変化や気持ち・目的に合わせてつける場所を変えることができたら香水上級者といえるでしょう。
耳の後ろや首筋などの鼻に近い場所につけると強く、膝裏や足首とか鼻から遠い場所につけると弱く香りを感じることができます。
他には、ハンカチやスカートの裾など、衣服につける場合がありますが、シミができることがあるので取扱いには注意が必要です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。